温泉大好きおとこの徒然なる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 三重県 榊原温泉 「湯元榊原館 湯の庄」

<<   作成日時 : 2012/06/17 09:07   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

清少納言の枕草子に詠われた「七栗の湯」 日本三名泉の一つとして有馬、玉造と並ぶ名湯として知られています。
今日はそんな温泉を訪ねてみました。
画像


訪れたのは、榊原温泉で唯一館内に源泉を持つ「湯元 榊原館 湯の庄」さんです。
こちらは初めて訪れたのですが、いい意味で期待を裏切られた感じでした。
その理由は「源泉浴槽」の素晴らしさであり、久々に温泉の奥深さと言うか大型旅館の温泉施設でここまで出来る素晴らしさをお伝えしたいと思いました。
まず、その源泉風呂ですが、浴槽はタイル貼りの大人がゆったりと6名位入れる大きさで、大浴場の主浴槽の隣にあります。
画像
中央の湯口から新鮮な源泉がこんこんと湧き出しており非加熱非加水塩素消毒無しで掛け流されています。
画像
湯口を覗くと時折、泡交じりで源泉が湧き出す様が見られます。また湯口からは微かなたまご臭が感じられ、飲泉でも見た目と違い弱苦味があり複雑な味わいがありました。
入浴していると最初は冷たさを感じる泉温32.5℃のぬる湯ながら、次第に冷たさよりも心地よさを感じるほどになってくるのが不思議です。
浴槽からオーバーフローする量も多く湯量が豊富なのでしょう。浴槽のお湯に汚れは見当たらず絶えず新鮮な源泉が溢れていると思われます。
画像

一方主浴槽
画像
露天風呂
画像
主浴槽と露天風呂は、加熱・非加水・塩素消毒無し 掛け流しで使用されています。
露天風呂からは川を眺められ、今の時期は蛍も出没するらしいです。
こちらの湯元 榊原館さんには屋上に展望露天風呂もあり
画像
画像
湯質は大浴場には及ばないかも知れませんが、周囲の景色を眺めながら入浴できる開放感はなかなかの物でしょうね。

泉質はアルカリ性単純泉 pH:未測定分析表にも未記載 アルカリ性特有のヌメリが強く、湯上りに肌がしっとりしたので、まさに美人の湯と言われているのもよく判ります。
最後に、こちらの大浴場は毎晩23:00に閉鎖し浴槽のお湯を全て抜き清掃後、新鮮な源泉を投入し翌朝の営業に備える作業を毎日行っているらしく、宿の温泉に対する拘りを感じずにはいられません。
そんな施設だからこそ、温泉を楽しみたい人にこそ、オススメできる施設です。
ぜひ宿泊して、新鮮な源泉風呂を味わって下さい。

温泉DATA
住所:三重県津市榊原町5970
日帰り施設営業時間:9:00〜19:00受付20:00終了
電話番号:059-252-0206
入浴料:大人¥1000
宿泊:湯元 榊原館で可能

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

温泉ソムリエ仲間リンク集

三重県 榊原温泉 「湯元榊原館 湯の庄」 温泉大好きおとこの徒然なる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる