テーマ:温泉

鳥取県 東郷温泉 「寿湯」

山陰の温泉シリーズを久々に... やってきたのは山陰本線松崎駅近くの東郷温泉の共同湯「寿湯」さん 松崎駅ってソフトバンクのコマーシャルで耳にする鳥取の「はわい温泉」の玄関口の駅なんです。駅正面に東郷温泉のアーチが見えます。その手前の交差点を右に100m位歩いた所に「清水理容」さん?って名前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんだ、こんなで3年ですって!

この7月2日でブログを開いて3年が経過したそうです。 思い返せば、温泉好きで全国各地を旅しながら、足跡を残そうと始めたブログでしたが、転勤や部署異動などで、ブログすら更新できない日々も多くありました。 今現在も、時間を見つけては「何か心に響く温泉」を探し求めて、ストックは溜まる一方です。ごめんなさい。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

愛知県 内海温泉 「魚友」 

愛知県知多半島に海を眺めながら露天風呂に浸かり、そして新鮮な海の幸を楽しもうと行ってきました。 名古屋からクルマで1時間程南下した知多半島内海(うつみ)のすぐ北側に今日の目的地「魚友」さんはあります。 こちらは、旅館として通常の営業をしていて、日帰り入浴のみ不可の施設です。但しお昼は入浴料込みのお値打ち料金で源泉掛け流しを楽しむ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岐阜県 羽島温泉 「かんぽの宿 岐阜羽島」

今日は、梅雨の中休みで晴天に恵まれ、足のトレーニングを兼ねて岐阜市の金華山に登って、汗を流しに羽島温泉へ行ってきました。 岐阜市の金華山は標高329m 戦国時代には岐阜城(稲葉山城とも呼ばれる)が築かれ、斉藤道三や織田信長が城主となっており、歴史的にも重要な役割を果たした城として知られています。今回は南側の岩戸公園から東坂、唐釜ハ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鳥取県 関金温泉 「関の湯共同温泉」

江戸時代に建てられた白壁土蔵が現存している倉吉市から岡山県湯原方面へ向かう国道313号沿いのすこし寂れた関金温泉。温泉街の一番奥にシンプルな共同浴場がありました。 関金温泉の開湯は古く平安時代とされ江戸時代には温泉のある宿場町として栄えていたそうです。現在では廃業した旅館街の奥にひっそり佇んでいるので、観光客が何気に立ち寄る事は少…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岐阜県 下呂温泉 「湯之島館」

週末は下呂へ行ってきました 下呂温泉に着いたら、湯巡りに必要な 湯めぐり手形 を入手しておきましょう。この手形1枚¥1200円で手形加盟旅館のお風呂3箇所に入れるもので、1箇所¥400で入浴できるので、下呂に行く際は必携です。 http://www.gero-spa.or.jp/yu_meguri/index.html 今…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三重県 榊原温泉 「湯元榊原館 湯の庄」

清少納言の枕草子に詠われた「七栗の湯」 日本三名泉の一つとして有馬、玉造と並ぶ名湯として知られています。 今日はそんな温泉を訪ねてみました。 訪れたのは、榊原温泉で唯一館内に源泉を持つ「湯元 榊原館 湯の庄」さんです。 こちらは初めて訪れたのですが、いい意味で期待を裏切られた感じでした。 その理由は「源泉浴槽」の素晴らしさで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡山県 奥津温泉 「奥津荘」

奥津温泉の中でも、前述の東和楼さんの天然岩風呂と並んで、「鍵湯」で知られている「奥津荘」さんも伺いました。 場所は、東和楼さんのお隣です。「鍵湯」は400余年前時の国主森忠政が常に鍵をかけて一般の入浴を禁じていた名湯があり、土地の人は「鍵湯」と称していた事から名前の由来となります。こちらの「鍵湯」も浴槽の底は東和楼さんの岩風呂と同…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岡山県 奥津温泉 「東和楼」

真賀温泉を後に向かった先は、江戸時代に津山藩主の湯治場で、足元湧出の天然岩風呂が名物の「東和楼」さんです。 こちらは、以前から訪ねてみたい温泉地の一つです。まずは、温泉街を散策です。吉井川の対岸から見た奥津温泉街、手前が足湯、奥に足踏み洗濯用の浴槽、建物群手前から奥津荘、東和楼、河鹿園が見えます。足踏み洗濯用の浴槽は入浴不可となっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡山県 湯村温泉郷 真賀温泉 「真賀温泉館 幕湯」

湯原温泉の南にある「幕湯」と呼ばれる足元湧出の岩風呂が人気の共同湯 川沿いの一角に斜面に沿って趣きのある建物群が並んでおり歴史を感じさせる佇まいを感じますそんな温泉街の中心的な存在が「真賀温泉館」です扉を開けるとレトロな雰囲気の中にミスマッチな自販機はご愛嬌ですが、のんびりとした空間が有りました。内部は混浴の幕湯以外に男女別の普通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡山県 湯原温泉 「砂湯」

露天風呂番付西の横綱で全国的も有名な湯原温泉「砂湯」に行ってきました。 前日に鳥取県境港近くの道の駅で車中泊し、明け方から小雨の降る中予定を変更して岡山県を巡る事にしました。 5年前の湯郷温泉以来久々の岡山県です。 川底の砂を巻き上げて自噴している温泉に由来して「砂湯」と呼ばれ、地元の方々の管理の下無料で解放されている露天風呂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島根県 塩ヶ平温泉 「掛合町まめなかセンター」

出雲湯村温泉を後に次に向かったのは、国道54号(出雲神話街道)沿いに佇むまめなかセンターと呼ばれる公共施設です。 このまめなかセンターはトレーニング室を備えた地元の方の健康増進を目的に雲南市が民間の運営会社に委託して営業している施設だと受付のおじさんから伺いました。早速階段を降りて地階にある浴室へ向かいます。浴槽は、加熱された源泉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島根県 出雲湯村温泉 「元湯 公衆浴場」

出雲湯村温泉はかつて広島と出雲を結ぶ街道の宿場町として、出雲詣での人々で賑わっていたそうです。 いつしか、交通網の発達とともに、交通の流れが変わり温泉街に八軒あった宿屋は「湯乃上館」と対岸の国民宿舎だけになってしまいましたが、温泉だけは脈々と人々に守られています。 前述の湯乃上館の目の前に建つ共同浴場「元湯 公衆浴場」 木の香漂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島根県 温泉津温泉 「薬師湯」

山陰湯巡り旅も2日目となりました。朝風呂はやはり温泉津温泉「薬師湯」さんでしょう。 看板が妙に懐かしさを醸し出しています 朝の混雑する時間帯をあえて避けた8時前に伺いましたら、丁度お客さんが入れ替わった後で貸切でした。析出物の付着が素晴らしいと思いませんか?湯口は珍しい「なまず」です。温泉スケールで判り難いですね源泉100% か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島根県 湯迫温泉 「湯迫温泉旅館」

島根湯巡り初日の締めの湯に選んだのは、石見銀山に最も近い温泉で日本一大きな「砂時計」のある街で有名な仁摩町にある「湯迫(ゆざこ)温泉旅館」さんです。 夕刻の温泉津温泉散策の後、伺いました。男女別の内湯と貸切風呂がありました。 男湯の浴槽泉質はナトリウム・塩化物-炭酸水素塩泉(低張性弱アルカリ性低温泉) 湯温40℃ pH:8.1 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島根県 千原温泉 「千原湯谷湯治場」

島根の温泉はまだまだ続きます。次は今回の湯巡りで最も良かった湯のひとつです。 あせる気持ちを抑えて看板を目印にクルマを走らせると、のどかな山里の一軒家が見えて来ました。目指したのは「千原湯谷湯治場」20数年前までは湯治場として営業していたが、現在は日帰りのみを受け付けている温泉場です。 受付で声をかけて入浴料を支払い隣の扉の方の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川県 片山津温泉 「片山津温泉 街湯」

2012年4月21日から 新たな場所で開業した 「片山津温泉街湯」に行ってきました。 外観はニューヨーク近代美術館新館などを手掛けた建築家谷口吉生さんが設計されたそう。以前の総湯に比べるとモダンで明るくなりました。以前の総湯の紹介はこちらhttp://lets4126.at.webry.info/200908/article_…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

島根県 三瓶温泉 「湯元旅館」

小屋原温泉から向かったのが、三瓶山の麓泉源地に近い湯の谷と呼ばれる谷間の一軒宿である「湯元旅館」さんです。GW中なので、事前に日帰り入浴をしたい旨を連絡し、女将さんの準備が整った14時過ぎに伺いました。 その為か、事前に温泉好きな人間と思われたのか、到着するなり、温泉の特徴や浴槽の構造の違いなど、色々お話して下さり、この宿の温泉に…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

島根県 小屋原温泉 「熊谷旅館」

石見銀山のあとは三瓶山(さんべさん)方面へ向かいます。 この三瓶山周辺には炭酸泉の温泉群があり、まず1軒目は小屋原温泉「熊谷旅館」さんです。 こちらの熊谷旅館さんは、山あいの1軒宿で、男女別浴室ではなく、4つの浴槽を貸切で利用できるもの入口から右手奥に木造の浴場が廊下に沿って並んでいます。手前から1番目2番目3番目4番目温泉大好きお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島根県 世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の温泉津温泉

今回の湯巡り島根旅のもう一つの目的は、世界遺産に登録されている石見銀山遺跡の見学です。 まず、石見銀山世界遺産センターが出発地です。 今回は石見銀山のガイドツアーに参加し石見銀山遺跡をより深く知ろうと思います。 ガイドさんによる石見銀山地域の全体像の説明の後バスに乗車し、現地へ向かいます。現地に到着後は歩いて世界遺産登録エリアに入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島根県 温泉津温泉 元湯 「泉薬湯」

ゴールデンウィークも残り2日となりました。 温泉大好きおとこも、GWを利用して、山陰地方の島根を起点に、鳥取、岡山、兵庫、京都、福井、石川、富山と5日間7県28箇所の温泉を訪ねて来ました。 無料の露天風呂から共同浴場や個人所有の湯、はたまた旅館の内湯などこれから順次、入浴した温泉をアップして行きたいと思います。 第1弾は温泉津…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府 天然温泉 「天翔の湯 大門」

京都に銭湯料金で掛け流し温泉が楽しめる銭湯があると聞き京都へやって来ました。 到着したのは開店5分前、入浴道具片手に地元のおじいさんおばあさん達が早々に待ってらっしゃいました。温泉大好きおとこも速攻でカメラ片手に浴室へ向かいます。手前が白湯の浴槽奥手に「これより奥 源泉 天然温泉掛け流し」の看板が奥に進むと左手に天然温泉掛け流しの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良県 温泉地温泉 「泉湯」

奈良南部遠征の際、途中で立ち寄ったのが、十津川温泉の北部にある温泉地(とうせんじ)温泉の共同浴場の「泉湯」さんです。 最初に目に入ったのが、源泉掛け流しをうたった温泉の情報を掲示する看板で、十津川温泉が2004年に源泉掛け流し宣言を表した誇りのようなものを感じました。 券売機で入浴券を購入し、受付のおばさんとしばし会話し、浴室に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

奈良県 十津川温泉 「わらびお公衆浴場」

それは、湯巡り仲間からのメールが始まりだった。 わらびお公衆浴場が老朽化の為閉館される・・・・ いままで、営業時間帯が悪く入浴する機会に恵まれずスルーしてきたのだったが、閉館前に入浴して記憶にとどめて置きたいと思い、車を走らせました。 「わらびお公衆浴場」に到着したのは、営業開始20分前でしたが、すでに近隣の方々が、入浴道具を片…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岐阜県 下呂温泉 「食堂・民宿 ラムネ屋」

下呂温泉のオススメ湯処を紹介します。 下呂温泉には数多くの宿泊施設があり、温泉資源保護の為「温泉集中管理システム」を採用しているだけに源泉を掛け流しで使用するなど大型施設ではかなり難しい状況です。下呂温泉なら前述の「噴泉池」が一番下呂の湯を感じやすいと考えていましたが、極上の湯を提供する宿を見つけました。それが「食堂・民宿 ラムネ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岐阜県 湯屋温泉 「ニコニコ荘」

しばらく、ご無沙汰しましたが、温泉大好きおとこは健在です 所用で、岐阜県へ行って来まして、飛騨小坂温泉郷の一つ湯屋温泉「ニコニコ荘」へ行ってきました。 飛騨小坂温泉郷は下呂市の北部に位置する環境省指定国民保養温泉地の一つで、今回の湯屋(ゆや)温泉、下島(したじま)温泉、濁河(にごりご)温…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岐阜県 荒城温泉 「恵比須之湯」 

岐阜県高山市丹生川町にある共同浴場荒城温泉「恵比須之湯」も湯が素晴らしかったです。あらきおんせん えびすのゆ 恵比須とは近くの峠の名前から由来しているようです。 木造平屋トタン葺きの浴舎が素敵な「恵比須之湯」です。日曜日の夕方でしたが、地元の方々で満員でした。 中に入ると、番台に受付のおばさんがお一人、狭いながらも受付前が休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛知県 添沢温泉 「雲泉閣山の家」 旅研同期会

今年も、毎年恒例の旅研同期会の季節となり、愛知の秘湯 添沢温泉に行って来ました。 参加者は私含め7名で全員参加となります。 添沢温泉は名古屋市内から、クルマで2時間くらいの近さなので、まずは豊田市足助町で昼食を兼ねた散策を楽しみました。足助の町は昔から交通の要として発展し、古い町並みが広がってます。 散策後、添沢温泉に15…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長野県 「鹿の瀬温泉」 

久しぶりに木曽方面を廻って来ました。その中で強く印象に残った温泉を紹介しましょう。 鹿の瀬温泉 かのせおんせんと呼ばれる、木曽の霊峰御嶽山の5合目に湧く温泉宿です。 実は20年以上前に訪問したことがあり、その時は無色透明な鉱泉宿だったと薄い記憶に残っていました。 女将さんに聞くと、2005年に地下1000mの温泉掘削で温泉が湧…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

愛知県 坂井温泉 「湯本館」

伊勢湾岸にある愛知県でも結構珍しい含鉄泉を紹介します。 温泉の名前は、坂井温泉 「湯本館」 昭和8年から名古屋の南、常滑市の坂井海水浴場の前で営業している歴史あるお宿です。 新館の1階にフロントが有り、そこで声を掛け、入浴料金を支払い5階の展望浴室に案内されます。 脱衣所を抜けるとたぬきと一緒に入浴できる白湯の浴槽「狸の湯…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more